スペースインターナショナル USBメモリー事業
サイトマップ

ギフトや販促に便利なノベルティ商品、USBメモリーへの名入れ、ロゴ印刷はスペースインターナショナル株式会社

製品一覧

PenDriveシリーズ

USBメモリ キャップ無

USBメモリ キャップ付

USB充電ケーブル

LEDキーホルダー

貴金属

プレゼント・ギフト


カード型USBへ名入れ印刷のご提案

関連キーワード

名入れ・ノベルティグッズ一覧

お客様のご要望にあわせて、名入れ・ロゴ入れ、データコピーしたUSBメモリーを記念品として制作させて頂きます。

名入れできるUSBメモリ

社名や商品名、ロゴなどを印刷いたUSBメモリに商品のカタログデータを入れて記念品として配布。名入れのあるUSBメモリは高い販促効果が期待できます。

設立記念・イベントの贈呈に

社名 ロゴ入れサンプル写真

会社のロゴを印刷してイベントや記念日に贈呈。資料や記念写真などのデータをUSBメモリに入れることができます。

学校行事や卒業記念品に

学校での思い出の写真や動画などを入れて全員に配布。
進学後も使えるUSBメモリは実用性もあり、大切な記念品になります。

USBメモリーとは

USBフラッシュ ドライブ(USB flash drive)はUSBポートにさして使うフラッシュメモリを利用した移動型保存装置をいいます。 2014年基準として1TBまで多様な容量の製品が販売中で、その中で4~32ギガバイト容量の製品が一般的です。
USBメモリーやUSBディスクなどと呼ばれるようになります。 USBだと呼ぶ場合もあるのにUSBはコンピュータと周辺機器を連結するインターフェースの一種類であって移動型保存装置の種類ではないので、厳密に話して間違った表現です。

大きさが使い捨てライター程度に過ぎなくて携帯することも非常に手軽です。 また、大きい容量のファイルを持ち歩く時やファイルを移す時便利でセキュリティー用暗号装置もあって資料を安全に保管することができます。 特に大韓民国環境ではインターネット バンキング使用者が会社やネットカフェで取り引きする時必要な公認証明書を安全に使えて情報の外部流出危険を減らすことができます。 ただし公認証明書はあるフォルダだけコピーすればすぐに証明書を使用できるので格別の注意が要求されます。

マレーシアの潘健成は多くの人々にペン ドライブやサムドライブと呼ばれています。 世界最初のシングル チップUSBフラッシュ コントローラーを統合したことで有名です。
現在彼は台湾のファイソンは(Phison)エレクトロニクスのCEOであり創立者です。
ふうっと分かる4個の他の特許とともにファイスはエレクトロニクスを設立したしシステム オン チップ己出を含んだ世界最初のUSBフラッシュ ドライブを生産したと伝えられています。

トレックテクノロジーとIBMは2000年に最初のUSBフラッシドライブを商用化して販売し始めました。 トレックテクノロジーのモデル ブランドの名前は"サムドライブ"(ThubDrive)であり、IBMの名前は北アメリカ基準として"ディスクオンするのに"(DiskOnKey)ですが、これはイスラエル会社M-システムズが開発、製造しました。IBMのUSBフラッシュ ドライブは2000年12月15日に販売が始まったし容量は8 MBでしたが、これは当時一般的に使われたフロッピーディスクより5倍も容量が多いものでした。

USBフラッシュ ドライブで装置の一方の端は単一標準-A USBプラグになっていて、一部フラッシュ ドライブはここにマイクロUSBプラグを提供することによって他の装置間データ伝送を容易なものにしています。

ケース内部には小さい回路基板があってここには若干の電気回路部品と少ない数の表面実装集積回路(IC)が含まれています。 一般的にこのようなIC野原の中の一つはUSB端子と基板メモリーの間の接点を提供する反面、他の一つはフラッシュメモリです。
ドライブは一般的にUSB大容量保存所装置類型を使ってホストと通信します。

フラッシュメモリはさらに古くなった数多くの技術を併合したことで、マイクロプロセッサー技術の進歩によって単価と電力消費量が低く小さかったです。
メモリー容量は初期EPROMおよびEEPROM技術を基盤に置いていました。

USBのような高速直列データ インターフェースの開発を通じて直列で接近するストレージを備えた半導体メモリーシステムが見通せる圏内に入ったし、同時に高速の低電力マイクロプロセッサーシステムの開発を通じて非常に小さいシステムで統合を可能にしました。

ユニバーサルシリアルバス(Universal Serial Bus; USB、英:ユニバーサルシリアル、汎用直列母線、一般的なシリアル)は、コンピュータと周辺機器を接続するために使われる入出力標準の一つである。代表的なバージョンは、USB 1.0、1.1、2.0、3.0、3.1などがある。

USBは、さまざまな既存のシリアル、パラレル方式の接続を取り替えるために作られた。キーボード、マウス、ゲームパッド、ジョイスティック、スキャナ、デジタルカメラ、プリンタ、PDA、ストレージデバイスなど、さまざまな機器を接続するために使用されている。これらの機器の接続のほとんどは、標準的な接続方法を利用して行われている。USBはPCのために開発されたが、今ではPDAやゲームコンソールなどでも採用されて使用されており、USBの電源機能を利用して充電用途にも多く使用されている。全世界で約20億個以上のUSBデバイスがある。

USBは、USB規格を決定するUSB Implementers Forumで標準を決定する。2010年3月フォーラムの議長は、インテルコーポレーションのジェフ(Jeff Ravencraft)である。コンピュータのメインボード市場でIntelのI / Oチップのシェアが圧倒的(メリルリンチの2004年第3四半期報告書によると、62.1%)であるため、消費者市場での最大の需要を握ってフォーラム内の影響力も最大インテル社の主導によって作られている。

競争規格に記載されているIEEE 1394は、主にビデオカメラに搭載されてDV規格で主に使用されているのに対しUSBは低価格の多数の機器に採用されている。

USBの最も上の部分には、メインコントローラ(host controller)がある。主コントローラは、ルートハブを介して2つのUSB端子を提供する。通常、この端子に周辺機器を接続して使用して、ポートが不足すると、ハブを接続して、より多くのポートを設けることができる。1つの主コントローラには、木の枝の形で周辺機器を多ければ127個まで接続することができる。USB方式で接続された周辺機器は、ほとんどのホットプラグ(またはホットスワップ:使用中いつでも周辺機器を接続したり、削除することができる機能)をサポートする。USB方式で接続された周辺機器には若干の電力が一緒に供給される。したがって、通常は、外部電源を利用していなくても、簡単に周辺機器を使用することができる。USB 2.0の定格電流容量は、5V 500mAであり、USB3.0の定格電流容量は、5V / 12V 900mAである。

USB規格の理論上の最高転送速度は、次のとおりである。
Low speed(毎秒1.5メガビット)
Full speed(毎秒12メガビット)
High-speed(毎秒480メガビット)
SuperSpeed​​(毎秒5ギガビット)
SuperSpeed​​Plus(毎秒10ギガビット)
USB初期にLow speedに接続されているキーボード、マウスなどの製品があったが、今ではほとんど使われない。Full speedのUSB 1.0も1.1規格に更新された、USB 2.0に転換した。2010年初め、USB 3.0を適用した製品が出てくる前に、ほとんどのUSB 2.0を使用した。USB 2.0製品の理論上の最大転送速度は、60MB / s(480Mb / s)であるが、実際の速度は半分程度の30MB / s(240Mb / s)が出てくる。

USB 3.0方式は、理論的には毎秒5000Mbpsだ。最近販売中のUSB 3.0製品は、毎秒の読み取り/書き込み150MB / sを超えている場合は数多い。

USB 3.1の方法は、現在の標準的な発表された状態でネクサス5x、6pとアップルのMac Proのような一部のモデルのみ使われている。

しかし、USBの速度は、致命的な制約があり、プライマリコントローラ(host controller)に接続された機器間での帯域幅を分けてしまうので、デバイスが増えるほど、速度は大幅に低下する。
2014年には、新たな端子形状であるC型が登場する。これは、裏返し挟むこともできる。

歴史
基本的なUSBトライデントロゴ
1994年7つの企業グループがUSBの開発を開始しました:コンパック、DEC、IBM、インテル、マイクロソフト、NEC、ノーテル。[5]の目的は、PCの後ろにいくつかの端子を除去することにより、外部デバイスをPCに接続しやすいように作成するためにあり、既存のインターフェイスの利用性の問題を解決し、USBに接続されたすべてのデバイスのソフトウェア構成を単純させ、外部装置のためのデータレートを増加させることができる。
USB 0.7:1994年
USB 0.8:1994年12月発売
USB 0.9:1995年4月発売
USB 0.99:1995年8月発売
USB 1.0候補版:1995年11月発売
USB 1.0
1.5 Mbit /秒(Low speed)、12Mbit /秒(Full speed)が提供される。
USB 1.0:1996年1月発売
USB 1.1:1998年9月発売
USB 2.0
USB 2.0:2000年4月


コンパクトフラッシュカード

コンパクトフラッシュ(CompactFlash、略してCF)は、小さなカードの形の物理インタフェース規格、またはその規格に基づいて作成された拡張カードを意味する。

コンパクトフラッシュは、1994年に米国のサンディスクが開発したので、「CompactFlash」という名前は、サンディスクの登録商標でもある。ので、他のメーカーは、商標の使用を避けるために「CFカード」または「CF」のように略で呼ぶことが多い。

「コンパクト」という名前は、拡張カードとして小さいことを意味し、2005年基準で、一般的に普及しているフラッシュメモリカードの中では最も大きい。製品の寸法は、Type Iが42.8mm×36.4mm×3.3mmであり、Type IIが42.8mm×36.4mm×5.5mmである。サイズは、PCカードの3分の1程度であるが、PCカード規格に合わせて仕様が定められているので、「PCカードアダプター」を利用すれば、CFカードの50ピンをPCカードの68ピンに変換することができる。

コンパクトフラッシュリビジョン1.0(1995年)、8.3 Mbyte /秒(PIOモード2)、最大128 GiB(137 GB)の記憶容量をサポート。
コンパクトフラッシュ+(コンパクトフラッシュI / O、1997年)
CF +およびコンパクトフラッシュリビジョン2.0(2003年)、16.6 Mbyte /秒のデータ転送速度の増加(PIOモード4)。2003年末DMA 33の転送速度が追加され、2004年半ばから使用可能。
CF +およびコンパクトフラッシュリビジョン3.0(2004年)、最大66 Mbyte /秒のデータ転送速度(UDMA 66)サポート、pcカードモードでは、25 Mbyte /秒。多くの他の機能を含むパスワード保護を追加。CFAは、2 GiB以上のカードには、FAT32ファイルシステムの利用をお勧めしする。
CF +およびコンパクトフラッシュリビジョン4.0(2006年)、IDEウルトラDMAモード6のサポートを追加。(最大133 Mbyte /秒のデータ転送速度、UDMA 133)。
CF +およびコンパクトフラッシュリビジョン4.1(2007年)、Power Enhanced CFストレージカードをサポート。
コンパクトフラッシュリビジョン5.0(2010年)、48ビットのアドレス(128ペタバイトの容量をサポート)、最大32メガバイトの大ブロック転送、QoS、およびビデオ性能保証など、数多くの機能を追加[1]
コンパクトフラッシュリビジョン6.0(2010年11月)、UDMAモード7(167 Mbyte /秒)、ATA-8 / ACS-2 sanitizeコマンド、TRIMなどの機能を追加。

コンパクトフラッシュ(CFカード)によって1994年に初めて、携帯用電子機器の第1のデータ記憶装置であるサンディスクの制作会社と関連する規範の開発。さまざまなデバイスの物理的なフォーマットが使用されてきました。外観CFカードからの2つのタイプに分けることができます。CFは私はCFカードといくつかの厚いタイプIIカードを入力します。それはCFカード、高速CFカード(CF + / CF 2.0規格)に分けることができる速度から、CF3.0、CF4.0は、より高速なCF4.1規格は2007年に採用されています。CFタイプIIスロットが主に使用されているマイクロドライブおよび他のいくつかのデバイスを。

CFは以前と第1フラッシュメモリの規格の一つであると私はもともと上に構築されたメモリカードの競争、入力より大きなPCMCIAを表示され、インテルのNOR型フラッシュメモリに基づいてして、[使用する非型フラッシュメモリで。CFは、特に初期プロのデジタルカメラ市場において、最も古く、最も成功した規格の一つです。

CFカードはライザーを介して直接使用することができますPCMCIAカードスロット、することもできますを通じてカードリーダーのような一般的に使用されるポートのさまざまな接続、USB、Firewireのように。また、それを含む、使用するCFカードスロットにアダプタを介して、より大きなサイズ(小型メモリカードに対して、後で当該登場)、他のほとんどのメモリカードフォーマットを有するので、SDカード / MMCカード、メモリデュオメモリースティック、XDカードとスマートメディアカード。

32メガバイトの高速タイプのコンパクトフラッシュIカード
ディレクトリ [ 非表示 ]
1 概要
2 マイクロドライブ
3 CF仕様
4 その他のデバイスは、標準的なCFに準拠しています
5 関連記事
6 外部リンク
概要[ 編集]
NOR型の使用にフラッシュ新しいNANDゲート未満のメモリ密度のフラッシュメモリ、90年代初頭の三大メモリカード(他の2つはあることにCFカードボリュームミニチュアカード -MiniCardとスマートメディアの後のカード)、CFカードは、IBMマイクロドライブは、CFタイプIIのインターフェイスを使用してではなく、加えて、NAND型フラッシュメモリに切り替えSSDを。日立とシーゲイトはまた、マイクロドライブを製造しています。

コンパクトな電気的特性およびPCMCIA -ATA一貫したインターフェイスが、より小さな寸法。

コネクタ43 mm幅、ハウジングの深さは、二つの36ミリメートル、3.3ミリメートルの厚さ(CF I型カード)および5mM(CFタイプIIカード)であります

CF Iカードは、CFタイプIIカードスロット、CFタイプIIカードのために使用することができるが、カードの厚さとの関係は、CF I型スロットに挿入することができないからです。ほとんどのCFメモリカードはCF I型カードです。

CFカードタイプIは、以前のPCカード(PCMCIA)よりも細かいが、厚さおよびPCカードタイプIおよびIIと同じ。CFカードは、最も成功した、人気のカードのミニチュアよりも、間の初期のメモリカードであるスマートメディアカードと私は優れたPCカードタイプ。小さ ​​い機器で使用する場合、スマートメディアカードは、CFカードを越えてから一度も市場への浸透の観点から、主なライバルのCFカードでした。しかし、128メガバイト、徐々に他の新しい形式のメモリカードの除去の最大容量の対象とスマートメディアの利点は、(彼は2002--2005年頃)。

(のようなZhinian世紀年代後半早期出現メモリカードフォーマットSD / MMC / 容量でセキュアデジタル高(SDHC) 、あらゆる種類のメモリースティック、xDピクチャーカードなど、)熾烈な競争を持っています。CFカードメモリカードよりも新しいボリュームには、いくつかの倍小さい、PCカードとCFよりもある程度大きな差がありました。新基準は、ハンドヘルドコンピュータ、携帯電話や一般消費者向けデジタルカメラ、特に超ミニのモデルをリードしてきました。

それにもかかわらず、CFカードはまだトッププロのデジタルカメラの標準構成の一部です。2007年にセミプロフェッショナルデジタルカメラ(プロシューマーデジタルカメラ、一眼レフカメラ)、サポートやCFカードのかなりの割合の生産。過去には、CFはMBの最大数の主最低価格を提供していますが、今小型メモリカードの同じ容量CFカードよりもはるかに安いです。現在では、ハイエンドのSDカードの容量とパフォーマンスは、CFカードを失っていない、CFカードが、平均でまだ最初からCF 1.0規格は、2007年に137ギガバイト、第三の理論的な上限をサポートしてきました(他の小容量メモリカードよりも高いを持っている傾向がありますCF 1.0から40メガバイト/秒、CF 4.0規格では、133メガバイト/秒までサポート)使用の、よりオープンな仕様と条件、互換性が向上(:今シーズン、64ギガバイトの最大容量)、より高速なアクセス速度(サンディスクエクストリームIV CFタイプII、より標準的ないくつかの主要な変更は、マイクロドライブを使用し、小型メモリカードの様々な使用)アダプタを介してすることができます。

フラッシュベースの記憶装置と、ディスクドライブよりも安定しているので、消費電力は、ディスクドライブのわずか約5%であるが、それは依然として速い転送速度を有する固体不揮発性(サンディスク極端IVのCFカード型ライティングスピードと40メガバイト/秒までの速度を読んで)。3.3の彼らの動作電圧温度範囲動作時ボルトまたは5 ボルト動作温度範囲を、あなたは、異なるシステム間で切り替えることができます。CFタイプのメモリカードは、極端な温度変化に適応することができ、業界標準フラッシュメモリカードは、-45〜85であることができる℃の範囲内で作業。

最小の8から2010、CFカードの容量MB最大1000の最大GB。(ここでは1,000,000 1MBの= バイト理論より137ギガバイト仕様まで、1ギガバイト=千メガバイト)は、

マイクロドライブ[ 編集]

IBM 1GBのマイクロドライブ
主要な記事:マイクロドライブ
ミニチュアマイクロドライブは、CF-II型標準とラインであるハードディスクドライブ(約1インチ幅)。1999年にIBMが最初にリリースマイクロドライブの商標と一緒に一緒に販売、その分割後の340メガバイトの容量のマイクロドライブ、2002を持っている日立の。(例えば:他の多くのベンダー現在、シーゲイト、ソニーなどは、)もマイクロドライブを販売している、2005年半ばの時点で、容量のマイクロドライブは、6ギガバイトの高速に達しているし、まだ成長しています。機械的なストレージデバイスとしては、実行時にこれらのマイクロドライブ、彼らはいくつかのデバイス上でうまく実行されないことがありますので、フラッシュよりもより多くのエネルギーを消費する必要は不十分である可能性があります。実用上重大な問題はありませんが、一方で、機械装置として、フラッシュメモリよりも、その物理的な衝撃や温度変化は、より敏感です。コンパクトフラッシュの仕様最初の標準化された時間であっても、フルサイズのハードドライブの容量はほとんど4ギガバイトを超えないので、その存在のATA仕様の制限は、許容可能であると考えられています。しかし、ATA規格にハード・ディスク・ニーズの成長能力に迅速に4GBの制限よりも、今日のフラッシュメモリカードを実質的な変更を行いました。

+ CF 16メガバイト/ sのデータ転送速度、137ギガバイト(コンパクトフラッシュ協会(CFA)情報に基づいて)までの最大容量:(またはCF2.0)は、二つの主要な変更が含まれています
CF3.0は、66メガバイト/秒まで、UDMAモード4をサポートしています
CF4.0は、100メガバイト/秒まで、UDMAモード5をサポートしています
CF4.1は、137ギガバイトまでの133メガバイト/ sまで、UDMAモード6をサポート
CF5.0は、133メガバイト/ sの最大144PBにまで、UDMAモード6をサポート
CF6.0は、167メガバイト/ sの最大144PBにまで、UDMAモード7をサポートしています
その他の標準装備は、CFに準拠しています[ 編集]
コンパクトフラッシュ仕様は、入力/出力デバイスとインタフェースの様々に適用されます。理由は、その電気的特性とのPCMCIAカードの契約なので、ほとんどのPCMCIAカードは、類似したCFのバージョンを持っています。

 

純銀インゴットをプレゼント・ギフトに

スペースインターナショナルではプレゼントに純銀のインゴットや銀貨をご提案します。
純銀インゴットや銀貨は誰にでも喜ばれるプレゼントやギフトになります。商品は標準で赤い巾着袋に入れてお届けしています。宝飾用のギフト箱(300円)もご用意しております。
又、のし・包装のオプションサービス(有料)もご選択いただけます。

お申し込みにつきまして

弊社製品を販促品やギフトなどでご利用の際はお電話・FAXにてご相談、お見積もり承ります。(20個以上)

20個以下のご注文はネットショップからのご注文でのみお願いしております。お電話などでのご対応は受け付けておりませんのでご了承ください。

PenDrive ワンショット pendrive oneshot

USBコネクタ部分が収納でき、引っ張るだけでUSBコネクタが引き出せて、すぐ使用できます。 スリムなボディ、軽量で、女性でも気軽に持ち歩けます。

PenDrive リア pendrive Rear

高級な作りでボールペンとしての使用感もハイレベル なのに低価格。おすすめ商品です

PenDrive ウッド pendrive Wood

本物の木を使用したペンドライブ ウッド。 自然を感じさせる高級品です。

法人のお客様

法人のお客様はこちらをご覧ください。

ノベルティにUSBメモリを

ノベルティに最適なUSBメモリです。 詳細はこちらをご覧ください。

オプション

包装/のし印刷/のしかけ
データコピー/セキュリティ/オリジナル

無料サンプル

法人のお客様には
商品サンプルを
無料提供!

記念品としてのUSBメモリのマーケットでは、今までに多くの実績があります。
カード型USBメモリ「カードライブ スリム1.7mm」は、広告スペースの大きさとカードの薄さで定評のある広告媒体となります。

まず、商品を手にとった時、財布に入るような1.7mmという薄さは誰もが驚きます。
カード型で、名刺やクレジットカードと同じサイズがありますので広告スペースがとても大きくなっています。
カードの表面と裏面にフルカラー印刷が全面に、淵なしでできます。

▸▸ Cardrive Slim1.7mm への印刷のご提案はこちらから。

ご相談・お見積もりはこちら

 

名入れのご注文・お問い合わせ(法人向け)